< NTT東日本のフレッツ光の解約・違約金はいくらなのか? - tendance

NTT東日本のフレッツ光の解約・違約金はいくらなのか?

インターネット
スポンサーリンク

NTT東日本のフレッツ光の解約・違約金はいくら?

引っ越しなど様々な理由で、インターネットの回線などを

条件期間内に解約しなくてはならなくなった時ってありますよね。

そんな時って、違約金などがどれくらいかかるのか不安になってきますよね。

NTT東日本のフレッツ光の解約金について調査しました。

NTT東日本の解約金について

NTT東日本提供の、フレッツ光を始めること自体には

違約金や最低利用期間は基本的にありません。

しかし、月額料等が安くなるキャンペーンなどの適用で発生する場合が出てきます。

NTT東日本が提供している公式キャンペーンはいくつかあります。

その中で新規に回線を始めるときに関わってくるのが
・初期工事費相当額割引
・にねん割
・思いっきり割
の3つになります。

初期工事費相当額割引の場合の違約金

NTT東日本のフレッツ光の初期費用はフレッツ光契約料の840円です。

そして、通常工事費が25200円になります。
この工事費用自体@が一括払いか分割か
選択することができるようになっています。

分割だと1050円/月×24回になります。

この1050円を毎月同じ金額を割引していこうというのが、このキャンペーンになります。

なので工事費1050円-月額料金1050円=0円となり、

工事費用分を実質無料にすることができます。

しかし、この工事費用の分割払いの途中でフレッツ光を解約してしまうと
初期工事費の残高が違約金になります。

にねん割の場合の違約金

フレッツ光を2年間継続利用を約束に
戸建てタイプで月々735円、
マンションタイプで月々105円の割引になります。

加入するだけで毎月の料金がお得になりのですが
注意事項がいくつかあります。

にねん割は2年単位の自動更新になります。
2年間しっかり使うのが条件で、2年経過後は
自動で2年間の契約になります。

2年間満了しての解約については解約金はありません。

しかし、契約期間内の途中で解約する場合は
戸建てタイプで9975円
マンションタイプで1575円の解約金が発生してきます。

更新付きは利用開始日の翌月からの
計算になるので、25ヶ月目になります。

思いっきり割の場合

にねん割に同時加入して、新規にフレッツ光を
始めた方が対象の契約になります。

フレッツ光の戸建てタイプで毎月945円
マンションタイプで11.5円~1165.5円を
月額利用料金から2年間割引するキャンペーンになります。

特に解約に関する違約金はないのですが
適用期間は2年間で経過後は消滅します。

NTT東日本のフレッツ光を契約する場合は
基本的に2年間の縛りが存在することを
覚えておくといいと思います。

もし、キャンペーン適用で利用を開始し
2年未満で解約する場合は工事費相当割引とにねん割の
ダブル違約金を支払わなければならないことに
なりかねません。

また、マンションタイプと戸建てタイプによって
違約金などの金額も大きく変わってくるので
しっかりと確認が必要になってきます。

なので、しっかりと利用期間などを
認識しながら利用を開始し始めたほうがいいと思います。

事前にしっかりと契約内容などを認識しておいて
契約するのと、何も認識せずに契約するのとでは大違いです。

NTT東日本のフレッツ光のサービス自体は
とても素晴らしい物なので
しっかりと内容を把握し、利用していくことが
大切になってきます。

高額な違約金を支払わなくてもいいように
自分たちに合った契約プランを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました