< 引越しの際にフレッツ光を解約した後、再契約する場合の流れは - tendance

引越しの際にフレッツ光を解約した後、再契約する場合の流れは

インターネット
スポンサーリンク

引越しに伴うフレッツ光の解約から再契約

引越しした場合にフレッツ光の解約した後に再契約する場合は

どのようなの方法を取ればよいのか、について解説していきまます。

フレッツ光の解約

フレッツ光の解約する際は、直接電話での対応のみになってきます。

解約する際に、指定利用条件の期間内の場合は、違約金などが発生してしまう場合があります。

転居先でも引き続きフレッツ光を利用される場合は、違約金等の請求は基本ありません。

ただし、転居先での利用が決まっていない場合は

廃止と同様の扱いになるので違約金が発生してしまいます。

移転先の集合住宅などで利用ができない場合には、免除になる可能性があります。

利用開始日から12ヶ月以内に転居された場合は

最低利用期間の起算日は転居前のサービスの利用開始日になります。

また、解約せずに移転手続きをする場合は、工事費が無料になります。

工事の内容によっては別途で工事費が発生してしまうパターンもあります。

インターネットなどを利用している方は、別途でプロバイダの解約等が必要になってきます。

フレッツ光を一度解約した場合のメリット・デメリット

フレッツ光を一度解約してから、新規で入会すれば

新規入会のキャンペーンなどが再度受けられる場合があります。

引っ越し先で再契約すると、ISP(プロバイダー)側のキャンペーンなら、ほぼ解約後、

再申し込みから新規の申し込みのキャンペーン等が受けられることになります。

しかし、NTTの場合は単純ではなく、1年後などある程度の期間が経っていれば大丈夫ですが

1ヶ月内に解約→回線撤去→再度申込→回線開設となると

NTT側の判断でキャンペーンは適用されずに

工事費などは通常料金が発生してしまう場合があります。

ただし、WEBなどではもらえるキャッシュバックなどが

ISP側で管理されている場合は適応されるそうです。

違約金などは再契約することが前提になってくると、

条件の期間内の解約ですと、解約金などが取られてしまいます。

解約金免除などのパターンとしては海外転居で回線が繋げられない場合だったり

集合住宅などで回線が引けない場合などがあります。

短期での解約→再契約をしようとするとキャンペーンを受けることは難しくなってきます。

引っ越す前から再度契約されることが決まっている場合なら、

継続手続きをとることをおすすめします。

解約から再契約まで

解約→再契約までの間が長期間経過している場合は

新規加入特典を受けながら再契約することができるようになります。

短期間での解約→再契約になると工事費などが通常料金での

再契約になってしまう可能性があります。

新規加入次の名義の方を以前とは違う方にするなどをすれば、

新規特典などを受けながら、工事費なども無料で契約できる可能性はあります。

引っ越しなどで解約などをする場合は

その前に、転居先などでフレッツ光を利用するかしないかをしっかりと考え、

転居先などで回線が引けるを確認し、それから解約をしていったほうが

無駄な解約金や違約金などを支払わずにすむかもしれません。

再度契約した場合にも、工事費などがかかってきます。

そのため、解約→新規加入を受ける場合と、

移転手続きをした場合を比較していく必要があります。

新規加入と移転手続きは、どちらが合計の金額としては

お得なのか、検討する必要性があります。

まとめ

フレッツ光の解約から再契約の流れについての情報をお伝えしました。

無駄な出費を避けるためにも、引っ越しする場合には引っ越し先で契約可能なのか

再度契約する場合にもキャンペーン適用できそうかしっかり調べて対処したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました