< 引っ越しの際フレッツ光を再契約するとき、新規と継続ではどちらがお得なのか - tendance

引っ越しの際フレッツ光を再契約するとき、新規と継続ではどちらがお得なのか

インターネット
スポンサーリンク

フレッツ光の新規と継続について

せっかく引っ越しをするなら住所も変更になるので、一度解約をすることになります。

その際、再契約をし新規契約のお得なキャンペーンを受けたいものですよね。

とは言え、本当に新規契約のキャンペーンのほうが継続よりもお得なのかどうか

比較してみないことにはわからないですよね。

新規キャンペーンを受けるためにはいくつかの条件などもあるので比べていってみましょう。

解約→新規契約について

まず最初に気になるのが一度解約したフレッツ光などのインターネット回線でも

再契約できるのかどうかですよね。

結論から言うと、再契約は可能になります。

引っ越しをしての再契約になるので新しい住所での申し込みであれば

新規契約として利用することが可能になります

よく見かける、「同一名義はキャンペーン適用不可」などありますが、

基本的に多重契約や短期間の契約→解約を繰り返している人への対策になります。

新しい住所であれば適用される場合がほとんどになります。

どうしても不安な方は、名義を同居の家族にしたり以前と違う

プロバイダに申し込んだりすればほぼ間違いなく、契約することができます。

移転手続きとの違いについて

「移転手続きと新規契約では一体何が違うの?」と

疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

その違いは、新規の際のキャンペーンにあります。

新規契約をする場合は必ずキャンペーンを受けることができるようになっています。

今ではインターネットなどは 大方復旧してしまっているので、新規の契約を

獲得するのは大変なことになってきます。

そこで、元々回線を解約してでも新しく自分の会社の回線を利用してもらうために

新規契約のキャンペーンがあったとしても
解約した際、違約金や利用年数などに縛りがでてきます。

やっているのが新規入会のキャンペーンなのです。

縛りがある場合には解約金などが発生してしまうのではないかと
心配になってしまうかたもいますよね。

キャンペーンの内容は回線やプロバイダなどによって違ってはきますが、

新規契約をすれば工事費の負担が0円もしくは、割引になる所が多くなっています。

移転手続きをするのと、解約→新規の手続きをするのは、ほとんど行う工事は同じなのです。

しかし、移転してしまうと場合によっては回線の回収や

引越し先での回線の引き込み工事費などを別途で請求されてしまう場合があります。

こういった工事費用でも高い場所では3万円を超えるような場合もあります。

よっぽどの縛りがきつくない契約でなければ違約金のほうが安くついてしまう場合があります。

もちろん、継続でも工事費負担0円といった場所もあります。

新規の方がその他にも様々な特典や割引などがついてくる場合などがあります。

新規の方がお得にフレッツ光などのインターネットなどを利用できるのではないでしょうか。

回線によっても、時期などでキャンペーンなどの内容も変わってくるので、

調べて見るのをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました