< フレッツ光の引越しに伴う解約・違約金がかからないのはどのような場合か - tendance

フレッツ光の引越しに伴う解約・違約金がかからないのはどのような場合か

インターネット
スポンサーリンク

OCNフレッツ光 引っ越しの際の解約と違約金について

OCNフレッツ光の引っ越しに伴う解約する場合に、2年以内だと違約金がかかるんです。

引っ越しの際は、何かと費用がかかりますから馬鹿にならないですよね。

違約金がかかる場合とかからない場合は、どのような場合なのかを調べました。

フレッツ光の違約金について

OCN光フレッツは、料金起算月から2年間が最低利用期間になっています。

料金起算月から2年以内に解約する場合、違約金が5000円(税別)かかってきてしまいます。

料金起算月から2年以内に、お客様都合により「OCN光withフレッツ」を解約された場合

またプラン変更をされた場合は違約金5,000円をお支払いいただきます

OCN ホームページより

引っ越しなどによる解約に他にも解約扱いとなる場合があり

対象プラン以外にプランを変更した場合や

申し込みの取り消しをした場合にも解約としてみなされてしまいます。

OCN提供の2年割は24ヶ月間の定期契約になります。

解約の申し込みがない場合は、24ヶ月毎の自動更新になってきてしまいます。

更新月以外にも2年割や接続プランなどを解約された、

または変更された場合は接続プランに応じて、

利用期間にかかる5000円の違約金とは別に

戸建ての場合は2400円(税別)、集合住宅の場合は1200円(税別)が

別途解約費用としてかかってくることになります。

引っ越しによる違約金免除

最初に説明したとおり、2年以内の解約になるとどうしても違約金が発生してきてしまいます。

この違約金を免除してくれる方法がいくつかあるのですが、

116のオペレーターでも教えてくれない場合があり

損をする場合があるので気をつけていきましょう。

1)NTT西→東またはNTT東→西に引っ越しをする場合

  引越し先がマンションなどの集合住宅でNTTのフレッツ光が利用できない場合。

  戸建ての導入が可能な場合は移転手続きをします。

  6世帯以上の物件でマンションタイプが導入されていなくて

  移転手続きをせずに解約をすると違約金は必要になってきますので注意しましょう。

2)引越し先が実家などで既にフレッツ光を利用している場合

  実家での契約している確認がとれればOKになります。

3)海外引っ越しの場合

  海外には、回線工事をすることが不可能なので仕方がない事になりますよね。

手続きの流れ

手続きは116番に電話をすればOKです。

「引っ越しをするのですが引越し先でフレッツ光が使用できないと聞いたので、

今の契約を解約した場合、違約金免除の対象になるのかどうかを確認したい」と

オペレーターに質問します。

オペレーターは引越し先などの住所を聞いてきますので

それに答えて、オペレーターに社内端末にて引越し先の情報を調べてもらいます。

この時点で違約金免除が可能です、といえば電話で手続きが終了します。

この時に違約金免除になった理由と、オペレーターの名前は控えておくと

後々何か合った場合でもトラブルになりにくいです。

しかし、コミュファ光の場合はどんな理由があっても違約金免除になることはありません。

引越し先が海外であろうとエリア外であろうと

引越し先のマンションなどにコミュファ光が導入されていない場合でも

解約となってしまうので違約金は発生してきてしまいます。

契約期間内に解約の場合でも、必ず違約金を払わなくてはならないことは

理由や条件によってはないようですね。

まずは、払わなくてもいい違約金などのお金などは極力払わずに、

電話などで確認をすることが一番良いですね。

オペレーターなどでも、しっかりと説明してくれる方や、

教えてくれることすらないオペレーターもいるようなので

そんな時には、電話をかけ直して違うオペレーターなどに聞くのも

1つの方法なのかもしれません。

まとめ

これまでお話ししてきたように契約から2年以内の解約でも、

違約金免除にあたる場合がありますのでまずは上記の手順で確認をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました