< 引っ越し先がフレッツ光に未対応の場合は、解約の際に違約金はかかるのか? - tendance

引っ越し先がフレッツ光に未対応の場合は、解約の際に違約金はかかるのか?

インターネット
スポンサーリンク

フレッツ光に未対応の場合は、解約の際に違約金はかかる?

現在、フレッツ光に登録をしている場合で、引っ越しをしたとき引っ越し先が

フレッツ光が対応していない場合は継続したくてもできないですよね。

その場合に、違約金は発生するのかどうか解説をしていきます。

引っ越しに伴う解約

引越しに伴う解約

引っ越しに伴い、通信関係の契約など解約したり、

継続手続きをしていかなくてはならないですよね。

フレッツ光などを利用していて解約の必要がある場合

2年以内の解約は「違約金が発生してしまう」と不安になったりしますよね。

違約金って意外と高い価格設定の場合が多くありますよね。

転勤などで仕方なく解約する場合は

満了期間まで使用したくても不可能ですしね。

ですが、この違約金は必ずしも払う必要があるわけではないのです。

もちろん解約違反による違約金なので、こちらの都合で解約する以上は

基本は違約金を全額支払う必要があります。

現在の契約を解約することになる場合は、契約タイプによっても価格が分かれてきます。

しかし、その違約金を払わなくてもいいパターンを紹介していきたいと思います。

引越し先がフレッツ光未対応の場合

引っ越しなどでフレッツ光を継続するのが困難な場合、

例えば、引越し先→光未対応の場合などは継続したくても、

不可能なので特別に違約金を免除してくれる場合があるそうです。

NTT東日本とNTT西日本で管軸が変わるのでその関係で

継続などが出来ない場合などもあるそうです。

エリアをまたいで引っ越しをされる方はしっかりと確認をしてから

手続きなどを行うといいと思います。

また、引っ越しがエリア内でも6世帯以上でマンションタイプなどが導入されていない

または、NTT以外のマンションタイプが導入されている場合なども対象になってくるそうです。

6世帯以上の物件でマンションタイプが導入されていなくても、

戸建て用の導入が可能な場合は、移転手続きをせずに解約すると

違約金は必要になってきてしまいます。

確認方法の流れ

引越し先でフレッツ光に対応していない理由

・ NTT東→西、もしくはNTT西→東に引っ越す

・ マンションなどで他の回線が引いてある

・ マンション自体が光未対応で戸建てタイプも契約が出来ない場合

116番に電話をしオペレーターに事情を説明します。

オペレーターは引越し先などの住所などを確認してきますので、

引越し先の住所を用意しておきます。

社内の端末で情報を確認し、違約金の免除が

適用されるかどうかを確認してくれます。

この時に、引越し先の回線の状態を調べてくれるので、本当に継続が不可能なのかを調べます。

確認が取れればこの時点で手続きは終了になります。

あとでのトラブルを避けるためにも

オペレーターの名前などは控えておきましょう。

違約金免除になった理由なども控えておいたほうがいいと思います。

オペレーターによっては普通に解約の申し出だけをすると、違約金免除の対象かどうかなど

調べてもくれんませんし、聞いてもきません。

しっかりと説明をして確認をすることが大切になってきます。

払わなくてもいい違約金を払ってしまうのは

価格も高いのでかなり痛い出費になってしまいます。

引っ越しの際にはしっかりと確認を することが本当に大切になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました