< フレッツ光を解約する際、ひかり電話だけ残すことは可能なのか? - tendance

フレッツ光を解約する際、ひかり電話だけ残すことは可能なのか?

インターネット
スポンサーリンク

フレッツ光を解約する際、ひかり電話だけ残すことは可能?

現在、フレッツ光とひかり電話を契約している場合に、フレッツだけ解約して、

ひかり電話だけ契約を残すことは可能なのか、それとも両方契約したほうがお得なのか

調査しましたので以下で解説をしていきます。

ひかり電話について

ひかり電話とは、NTT東(西)日本が販売するIP電話サービスのことになります。

電話をつなぐ接続サービスの名称になります。
一戸建ての場合は、光ケーブルを使用するので従来のメタルケーブルは使用しません。

マンションタイプの場合は、既存の電話線やLANケーブルを利用していきます。

室内に光のケーブルを引き込む必要はありません。
従来の電話回線はそのまま残すこともできるのですが
休止扱いにすることもできます。

ひかり電話だけでの単独の契約は出来ないので
フレッツ光などに同時に加入する必要がでてきます。

しかし、光回線の契約のみではひかり電話は使うことが出来ません。
別途で申し込みが必要になってきます。

光のケーブルを引き込んだからといって
今まで使用していた電話が、自動的に切り替わるわけではないのです。

回線終端装置だけではひかり電話は利用することが
出来ないようになっています。

専用のひかり電話機器かアダプターが必要になってくるので
NTTから支給してもらいます。

NTTから西日本ではCTUを利用しますが東日本では利用しません。

(※CTU…customer Network Terminating Unit 加入者網終端装置の意味)

基本的な接続方法が違ってくるので
同じNTTだからといっても気をつけなくてはいけません。

ひかり電話の料金について

固定電話を休止扱いにし、ひかり電話とフレッツ光を
組み合わせると、フレッツISDNの利用時と
ほぼ同じ料金で、ブロードバンドが利用できます。

基本料金が525円からになっていて
・全国一律3分8.4円
・施設設備負担金が不要
・専用ルータ・アダプタの無料レンタル
など、従来の電話とは違い、コスト削減にもなります。

その他にも、110番、119番などの緊急通話も可能になっています。

固定電話機などもそのまま利用可能になっていて
固定電話からの同番移行が可能になっています。

しかし、接続できない番号などもあり
0077などのマイライン関連の番号や
0210や0800以外のフリーダイヤルにはつながりません。

フレッツ光を解約した際にひかり電話のみを残せるのか?

ひかり電話のNTT網の設備とフレッツ網からの
IPS網への接続に関するネットワークは別物になってきます。

そのため、プロバイダを解約してもひかり電話は、使用できることになります。

光の回線代とひかり電話代とプロバイダ料金が
一緒になって請求されますので、わかりずらくなっています。

回線は必ず通さなくては、ひかり電話は利用することができませんが

ひかりの電話とプロバイダは別ものですので インターネットを解約しても

ひかり電話は使用できる仕組みになっています。

コスト的にも光回線さえ通してしまえばひかり電話は従来の線話回線と比べても
安い設定になっています。

しかし、インターネット回線と一緒に契約していたほうが月々の料金は安くなっています。

ひかり電話のみの契約にしてしまっても
安くなるのはプロバイダのみの料金になります。

やむ終えない理由でのひかり電話のみでの
利用なら仕方ないことになってきます。

料金的なことを考えるのであればインターネットを継続して利用される方は
そのままひかり電話とプロバイダでの契約のほうがお得になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました