< フレッツ光のひかり電話を解約してアナログに戻すことは可能なのか? - tendance

フレッツ光のひかり電話を解約してアナログに戻すことは可能なのか?

インターネット
スポンサーリンク

フレッツ光のひかり電話を解約してアナログに戻すことは可能

ひかり電話を契約していた場合に、普通の固定電話に戻すことはできるのか

どのような契約や支出金額はどうなるのか調べてみましたので、以下で解説をしていきます。

ひかり電話からアナログに戻す場合

インターネットなどを利用しなくなった場合や
普通の固定電話にしたい時ってありますよね。

ひかり電話からアナログに戻したいけれど
実際にすることは可能なのどうかが
わからないといった方もいらっしゃるかと思います。

実際には、ひかり電話はフレッツ光などの接続商品のオプションになってきます。

なので、ひかり電話そのものを解約するのは自由ですが
新規で固定電話を契約してしまうと
基本料金+通話料金になってきてしまいます。

フレッツ光の契約を維持しながらの固定電話の
新規契約をしてしまうと月々の支出は増えることになります。

ひかり電話解約の際に気をつけるべきこと

ひかり電話を解約するにあたって
インターネット回線はどうするかによっても料金的にも変わってきます。

インターネット回線も解約する場合はプロバイダなども解約しなくてはなりません。

ひかり電話のみの解約ならいいのですが
ひかり電話とは全く別の契約となってくるので
気をつけなくてはいけません。

プロバイダはNTTとは全く違う会社になってくるので
しっかりと確認しながら解約していきます。

戸建て等の場合には光回線から通常回線を変えなくては
ならなくなってきます。
なので、工事費用なども別途でかかってきてしいます。

料金的なことを考えるのであれば
フレッツ光+ひかり電話+プロバイダ費用だと
7000円~8000円位はかかってきているはずです。

通常の加入電話だけと比べると5000円位は
価格が違ってくるはずです。

ひかり電話だと全国への通話料金が一律といった
特徴があります。

そこまで長距離電話が多くない場合は
フレッツ光を解約して加入電話に切り替えたほうが
はるかに料金的には安くなってきます。

しかし、インターネット回線をフレッツ光で
残しておく場合はひかり電話のほうが
月々の料金が525円なのでお得になってきます。

ひかり電話からアナログに切り替えた場合番号は移行できるのか?

ひかり電話からアナログに切り替えた場合
番号自体はそのままの番号を使用することは可能になってきます。

ただし、ひかり電話を引くときに新しく取得した
番号の場合は、ひかり電話専用の番号になってくるので
アナログに引き継ぐことはできないようになっています。

そうでない場合の、番号を引き継ぐ場合には
手数料が2100円かかっていますが引き継ぐことができます。

ひかり電話の契約自体が様々なしばりがあるので
気をつけて解約したり、休止していかないと
解約料や工事費で高額な料金が発生してしまう
場合があります。

インターネットなども同時に解約するとなると
契約期間などの縛りなども出てきてしまいます。

インターネットをフレッツ光で契約したままで
光回線を維持していくのであれば
ひかり電話のほうが月々の料金がお安くなってきます。

光回線自体を解約していくのであれば
アナログのほうが価格的に、光回線の料金を
支払わなくて済むのでお得にはなってきます。

なので、先にフレッツ光を解約したとしても
ひかり電話をひいた時に新規で決めた番号でなければ
そのままの番号を引き続き使用することは可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました