< フレッツ光のひかり電話からアナログに戻した場合の料金について - tendance

フレッツ光のひかり電話からアナログに戻した場合の料金について

インターネット
スポンサーリンク

フレッツ光のひかり電話からアナログに戻した場合の料金は?

ひかり電話を契約しているとき、普通の固定電話に戻した場合に

契約金額はどうなるのか調べてみましたので、以下で解説をしていきます。

ひかり電話の解約について

ひかり電話を解約するにあたって確認していかなければならないことがいくつかあります。

ひかり電話は、光回線のオプションのようなものになっていて、 基本的にはフレッツ光と
同時に加入するようになっています。

回線工事など必要な住居先では回線を引っ張ってきたりします。

解約する際にはフレッツ光などは解約するかどうかによっても変わってきます。

ひかり電話のみの解約は可能になっているのですが
この際に、入った時に回線などをアナログのものから光回線にしています。

フレッツ光を残したままでアナログを契約した場合には
2つの回線をつなげるということになってきます。

ひかり電話のみでなく、光回線自体を解約すると契約期間に縛りなどが存在してきます。

満了期間の月の解約については違約金などは
発生しませんが、それ以外の月になると
高額な違約金などが発生してきてしまいます。

解約する時期によっても料金などがかなり変わってくることになります。

ひかり電話からアナログに移行する場合

ひかり電話からアナログに移行する場合
番号の方は基本的に手数料2100円はかかってきますが
同じ番号を使用することができます。

しかし、ひかり電話加入時に取得した番号になると
ひかり専用の番号になってくるので
アナログでは使用することができなくなります。

アナログからひかり電話にして番号を継続して
使用していた場合は、使用していくことが
可能になってくるということになります。

ひかり電話からアナログにした場合の料金について

ひかり電話は、フレッツ光に加入しながら契約するものですので

光回線+ひかり電話+プロバイダ費用になってきます。

そのため、ひかり電話を解約しても月々の支払料金自体は500円近くしか安くはなりません。

光回線とひかり電話のみを残したとしても
固定電話のみの契約のほうが安くなってきます。

したがって、インターネット自体を解約しないのであれば
ひかり電話のままにしておいたほうが
通話料も全国一律なのでお得になってきます。

光回線自体を解約してしまうのであれば
月々6000円~7000円発生していたものが
アナログ回線のみのほうが安くなってきます。

ここで気をつけておかなくてはならないのが
光回線を解約するときの違約金や工事費などです。

インターネットなども解約してしまうのであれば
契約期間によっては違約金は発生してこないのですが
それ以外は高額な違約金が発生してしまいます。

工事費に関しては、光の回線からアナログに
回線をつなげなおしたり、光回線の回線の撤去作業など必要になってきます。

これはいつ解約しようとかかってきてしまうので
NTTなどに問い合わせて料金などは
先に確認しておくといいとお思います。

先々のことをしっかりと検討したうえで違約金や、無駄な工事費用などを
出来る限り支払わなくてもいいようにしていくためにも
しっかりと確認したうえで解約などをしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました