< フレッツ光の解約金免除になる条件はどのような場合? - tendance

フレッツ光の解約金免除になる条件はどのような場合?

インターネット
スポンサーリンク

フレッツ光の解約金免除の条件について

フレッツ光で解約金免除の条件はご存じでしょうか?

様々な理由でフレッツ光の解約金免除になる条件は、

どのような場合か調べてみましたので以下で解説をしていきます。

フレッツ光の解約で違約金が発生する場合

現在、フレッツ光に加入していて契約年数よりも前に解約をすると違約金が発生してきます。

個人的な都合だったり、他社への乗り換えだったり
そういった個人的な理由で、途中で解約をされる場合は、

マンションタイプの契約と戸建てタイプの違約金の料金は

異なってはきますが、解約金+違約金が発生してくることになります。

違反金が免除になる場合

違約金自体が免除になるパターンがいくつかあるのですが、

そのパターンが

・NTT西(東)→NTT東(西)に引っ越しをされる場合。
・引越し先がエリア内でも、引っ越し先が集合住宅でNTTのフレッツ光が適用されない場合。

・引越し先が実家などで既にフレッツ光に解約されている場合。
・海外に引っ越しをされる場合。  

などがあります。

どんな場合でも必ず引越し先の住所はオペレーターなどに伝えることになります。

そのうえで、オペレーターが実際の引越し先の状況を確認します。

オペレータに確認したうえで、話した通りの状況であれば、そのままで手続きは終了になります。

エリアを越えての引っ越しの場合はNTT東と西では管轄が違ってくるために

フレッツ光がそのまま利用出来ない場合がよくあるそうです。

継続したても出来ない状態の場合は比較的に違約金などが免除になるパターンが多いようです。

しかし、この解約免除を利用して新規契約を繰り返して、新規キャンペーンなどを

悪用する方もいるそうなので契約や違約金の設定などが厳しくなってきているそう。

実家などに引っ越しの場合では回線をいくつも引く必要はないですから免除になるわけですよね。

しかし、マンションのような集合住宅に引っ越す場合で
マンションタイプの適用は不可能でも戸建用のタイプなら適用される場合があるので
そういった場合は、解約しようとすると違約金などが発生してきてしまします。

しっかりと引越し先の回線の状態を確認したうえで、

NTTに直接聞いて確認してみるのがよさそうですね。

しかし、これがコミュファ光の場合は
どんな理由があろうと、違約金は発生してきてしまうみたいです。

なので、引越し先がどこであろうと
エリア外であろうと支払わなければならないそうです。

契約者が亡くなった場合

そして気になるのが、契約者が亡くなってしまった場合です。
こういった場合には違約金は基本発生しないようです。

自宅やマンションなどが全開した場合(自然災害などで)
なども違約金は発生しないみたいです。

実際に今回の中越地震の際でも請求などはされなかったようです。

継続される場合はまた違う手続きは必要になってきますが
基本的に契約者様が亡くなられた場合は免除になるようです。

いくつか違約金などが免除になるパターンが
ありますが、契約者の方が亡くなられた場合には

仕方ないのですが、引っ越しなどで
エリア外だったり、引っ越し先で回線工事が出来ない場合以外で、

解約される場合には継続手続きをした方がお得なパターンもあるので
一度しっかりと調べたうえで検討してみるべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました