< フレッツ光をau光に乗り換えた場合に解約負担金はどうなる? - tendance

フレッツ光をau光に乗り換えた場合に解約負担金はどうなる?

インターネット
スポンサーリンク

フレッツ光をau光に乗り換えた場合の解約負担金について

au光に乗り換えるとき、解約負担金を負担してくれる?

基本的にインターネット回線の代理店が独自に行なっているサービスになります。

回線の乗り換えによる違約金などを負担してくれる代理店は増えています。

インターネット回線なども、新規のお客様を獲得することが、昔と違って難しくなっているので
こういったキャンペーンや特典がついてくることがあります。

キャッシュバックのタイミングは開通後になります。

NTTなどの光に加入したらゲーム機やPCが貰えたり
商品券が貰えたりするのと同じ感じで自社が受け取る
報奨金から代理店がお客様に還元しているシステムになります。

ただし、何らかの契約の縛りがある代理店もあるので、気をつけて契約内容を確認するべきです。

auひかりにした時のデメリット

フレッツ光の場合は申し込み窓口がauひかりと比べてかなり多く、

それぞれのキャンペーン内容が全て異なってきます。

対応プロバイダなどもたくさんあり、数えきれないくらいの代理店があります。

なので、フレッツ光の場合は、代理店でもオプションサービスに申し込まなくても
高額なキャッシュバックをもらうことができます。

auひかりの場合、代理店申込みの場合
オプションサービスに申し込まないとほとんどの
場合が、キャッシュバック等受けられません。

提供エリアの違いと地上デジタル放送

NTTが提供しているフレッツ光には
提供エリア面ではどこも勝つ事ができません。

現在、フレッツ光のエリアカバーは95%を超えています。

しかし、auひかりでは70%と低い割合になっています。

auひかりは元々、東京電力が行っていた
サービスのため、最初は関東エリアのみの提供でした。

ここ最近では、auひかりも急速にエリアが拡大して
北海道や東北地方や中国地方や九州にまでエリアを拡大させています。

その他デジタル放送に関しては
auひかりのデメリットとして、auひかりのビデオチャンネルでは
地上デジタル放送の提供はしていないところです。

しかし、一般的なUHFアンテナなどでテレビを見ている方には
関係のないことになってきます。

地デジを見るための目的で、光に乗り換えたい場合は
フレッツ光のフレッツテレビをおすすめします。

auの携帯を使用しているのであれば、回線を
auひかりにすればスマートバリューが適応になるので
通話料の面ではお得になる場合はあります。

スマートバリューを付けたくて契約をするのなら
お得になるかもしれません。

ただし、気をつけて契約していかないと
キャッシュバックでもらえるような金額を
フレッツ光などの解約金等に当てているだけになります。

新規で契約したからといって
お得に契約したということにはならない場合もあります。

どうしても乗り換えたい方にはおすすめしますが
しっかりと検討したうえで、申し込みなどをしましょう。

慎重に代理店などを選んだうえで
決めていったほうが安心だと思います。

auひかりはフレッツ光と違って、選択肢が少ないので
あまり迷うことはないのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました